フィンランドまで何マイル?

Top
タグ:Solaris200 ( 35 ) タグの人気記事
26.みどりの夕暮れ
c0212213_21342093.jpg
どこまでも、どこまでも。


ブログインデックスはこちら


カフェウルスラで、小腹を満たし、また歩き始める私たち。
もう、1万歩は超えてる気配。

そんな私たちが足を踏み入れたのは「カイヴォプイスト(Kaivopuisto) 公園」。
いやはや、スケールが違います!
東京ドーム何個分?(行ったことないけど)

この公園は海に面しているため、広い上に、視界をさえぎるものがないので、
ただただ、緑が広がっている光景に圧倒されます。

c0212213_21402641.jpg
このときで17時は回っているでしょうか。
フィンランドは太陽が低いせいか、夕暮れを柔らかく感じました。
名残惜しそうに沈んでいく太陽。
どんどん長くなる影。待って~まだ行きたいとこがあるよ~

そんなとき。。。
c0212213_21385833.jpg
おおっ!キノコ発見!!
「かもめ食堂」~ってカンジだわ♪(詳しくは映画を・・・)

この公園は、ホントに広いので
シナモンロールで補給した元気を、ちょっとなくしてしまいました。

しかし、観光客根性で、足がどんなに疲れていても
歩き続けてしまうのです・・・恐ろしい・笑



ちなみに、5月1日はフィンランドのメーデー・Vappu(ヴァップ)の日。
長い冬が終わり、春が来たことを祝う日です。(政治的な意味合いもあるみたいですが・・)
伝統的には「公園でピクニックをする」という形もとられ、
ヘルシンキでは、ここカイヴォプイスト公園で、ブランケットの上に座って、美味しい食事をするんですって。
楽しそう♪ (参考にした文章は↓に。)

フィンランドのメーデー、Vappu(ヴァップ)
[PR]
by moisuomi | 2009-10-26 21:42
25. くちもとが気になる
c0212213_0104264.jpg

むにゃーとしたクチ。


ブログインデックスはこちら


カフェウルスラへ向かう道からみえる海には
いくつかの港があります。

そのうちのひとつオリンピア・ターミナルに停泊する「シリヤライン」。
ヘルシンキとスウェーデンのストックホルムを結ぶフェリーなのですが、
とにかく巨大!
私は日本でかつてこんなに大きい船を見たことがないです。

やっぱり大陸はスケールが違うなあ!

c0212213_0274071.gif
この路線は、フェリーで一泊してストックホルムに到着するそう。
旅行日程に余裕があれば、乗ってみたかったのですが、今回は見送りとなりました。

国境を船で越えるって、どんな感じなんでしょうね。 → 実際に乗った方のブログ
ますます乗ってみたいー!

この船のマークはアザラシ。
なんだかカワイイ。くちもとがカワイイ。
[PR]
by moisuomi | 2009-10-25 22:08
23. みんなのWA
c0212213_22201612.jpg
今日はハッセルで。


ブログインデックスはこちら


ここは、海沿いにある「カフェ・ウルスラ (Cafe Ursula)」

映画かもめ食堂では、お話の後半に
サチエ(小林聡美)、ミドリ(片桐はいり)、マサコ(もたいまさこ)と
フォンランド人女性リーサの4人で、休日に昼ビールしてる場面で
登場します。

ちょこっとだけ・・・こんな感じです・・・(C)のこともあるので小さめですが・・・
c0212213_2225036.jpg
かもめ食堂のスチールカメラマンは、高橋ヨーコさん。大好きな写真家さん。
彼女の写真は このサイト で見れます。素敵です^^

映画で見た感じでは、「バカンスー」な雰囲気だったのですが
こうして見ると、そうでもない。
日常に溶け込んだ、みんなのカフェって感じでした。

この日は天気もよく、暖かだったので、テラス席は満席。
私たちも、空いた席をキョロキョロ探して、やっと見つけて座れました。
後ろの席には。。。
c0212213_22104459.jpg
やあ、こんにちは^^
このカフェはペット同伴可。さらに賑やかになって楽しかったです。

写真の青い水玉模様は、カフェにあるブランケット。
こんなとこにも、フィンランドカラー♪

ちなみに。。。。
地球の歩き方では、このカフェへのアクセスは
「トラム3T kaivopuisto で下車し、徒歩」とありましたが、
この駅から、カフェウルスラへは森を抜けて、かなりの距離があります。
行かれるときは、お気をつけて!
夜はちょっと(いや、かなり)怖いと思います・・・。


★カフェ・ウルスラ Cafe Ursula
Ehrenströmintie 3, 00140 Helsinki (09) 652 817
9:00-22:00 (夏季は -24:00) 無休(←フィンランドでは珍しかった!)
[PR]
by moisuomi | 2009-10-22 21:37
22. ヘルシンキ予習編
c0212213_2111311.jpg

旅の楽しみの半分は、準備する時間の中に。


ブログインデックスはこちら


友人がいるフィンランドに行くことを決めていたのは、1年以上前だったんですが
具体化したのは、2ヶ月ほど前。

まったく知識のない私は、猛然とフィンランドの予習を開始!
オタク体質の私は、調べ物や資料集めは得意なほう。

とりあえずは
c0212213_215947.jpg
を購入したものの、
いまひとつイメージ沸かない・・・


そこでフィンランド在住の友人に勧められていた、あの映画を~と思いTSUTAYAに走りました。
c0212213_216165.jpg
あった、あった。

かもめ食堂

2007年公開のこの映画は、オールフィンランドロケ。
なんだか、けったいな題名。あまり期待せずに見始めましたが。。

「なんとなく面白い。」
そして話の内容よりも(失礼!)、ヘルシンキに暮らす登場人物たちの雰囲気が素敵でした。
この映画の世界に、あと2ヶ月で行けるのか~と思うと、突如、萌え~。

写真を撮るつもりだったので、
映画の中で、どこをどうやって撮ろうか妄想しながら見てました。(なので3回見た)

すっかり、かもめ食堂fanに変化した私は、
かもめ食堂関連の書籍を、次々購入。

まずは原作本。
c0212213_21141081.jpg
映画では割愛されていた部分も書かれていて、
お話としては、コチラのほうが現実味がありまとまってると思います。

そして、かもめ食堂に出演していた、片桐はいりさんのエッセイ。
c0212213_2115261.jpg
「マトカ」とはフィンランド語で「旅」を意味します。
かもめ食堂ロケで滞在したヘルシンキのエピソードを中心に構成されています。
はいりさんは、これが初エッセイらしいのですが、文章が軽快で面白い。一気に読めました。
フィンランド抜きにしても、この本は買い!と思います。
エッセイ第二弾「グアテマラの弟」も読まなくちゃ・・・

また始まった、私のヘルシンキのマトカ(旅)でも
かもめ食堂で見た場面も出会えました。
というか、かもめ食堂に出てくる場所は基本行ってきましたので!(ミーハー)

ちなみに「かもめ食堂ツアー」なるものもあります。
フィンランドにおいて「かもめ食堂」はバイブルですね。

よければ、騙されたと思って一度見てください。
なんとなく面白いですから・笑


さーて、もうすぐ、かもめ食堂に出ていたアノ場所へ着けそうです。
[PR]
by moisuomi | 2009-10-21 21:18
21. 無臭の海
c0212213_19264338.jpg
哀愁ただよう無臭の海辺。


ブログインデックスはこちら


やっと(といっても、6時間ほどで)戻ってきた、マカシーニ・ターミナル。
行きと同じく、繁盛してました。
c0212213_19313775.jpg
高速船でしっかりお昼寝もしたので、体力も回復♪

私たちは、マカシーニ・ターミナルからLaivasillankatuという通りを抜け、
海辺を散策しつつ、次の目的地を目指します。

c0212213_19331534.jpg
これは歩道のマーク。
ヘルシンキのいたる所で見かけました。
全く一緒ではなくて、このイラスト、少しずつ違うんです。

たまに、落書きしてあることもあって、一番最初にUPした写真、
c0212213_2033985.jpg
これもこの通りで見つけたもの♪

ずーっと海辺を歩いていたんですが、
ヘルシンキの海は「磯臭く」ないんです!驚きでした。
瀬戸内海の海岸にいくと、あの独特の磯臭さがあるのに・・・

不思議ーと思って、帰ってから調べたら、
磯臭さの原因って、海草や藻なんですって。

「磯臭い=豊かな海」ということにでもあるそうです。

確かにヘルシンキは寒いので、海草や藻は育たないかもなあ。。
ちなみに、この海は冬になったら凍結するそうです。。どんだけ寒いんだ~・・・・

冬になると、船の前で砕氷船が凍った海を砕きながら目的地に行くそうです。
なので、タリン行きの高速船は冬は休航・・・

やはり、フィンランドは北極圏にある国なんですねえ・・・。
[PR]
by moisuomi | 2009-10-20 20:06
20. 北欧の影
c0212213_2026236.jpg
船はヘルシンキへ走ります。


ブログインデックスはこちら


フィンランド、エストニアと北欧地区に来て、印象的だったのは「影」。
晴れていたのもあったけど、影がながーーく出来るんです。
c0212213_2029355.jpg
昼間でも影が長いんです、なのでついつい、影写真を撮ってしまうのです。。。
これが大体正午の影。

c0212213_21181360.jpg
以前にUPしたこれも正午あたりの影。
日本ではなかなか見れない、伸びっぷりです。

北極に近い北欧は、太陽が低く昇ります。
なので一日を通して、影がながーい。
実際に太陽が頭上に上る感じはなかったです。

c0212213_21132422.jpg
いい影みっけ♪

夕方になると、さらに長~い。
c0212213_21202749.jpg

長い影が重厚な建物を、さらにミステリアスに演出します。

c0212213_21143158.jpg
あしながジョシ二人。珍道中ですが、楽しんでます♪
[PR]
by moisuomi | 2009-10-19 21:15
17. タリン・看板ショッピング①
c0212213_1952714.jpg

それぞれのもてなし。


ブログインデックスはこちら


タリンの滞在時間も残りわずかとなってきました。
早足の合間に、色んな店先を撮ってきました♪
c0212213_1954844.jpg
一枚目の写真の路地(Lühike jalg・ルヒケ ヤルグ通り)にある「HELINA TILK(ヘリナ・ティルク)」 。
ここはMade in エストニアの動物の食器のメーカーなんですって。
残念ながら店内は見てないのですが、HPで見ると可愛い~行っときゃよかったわー。

HPには、雪深い時期のお店の写真も。。

このお店がある路地の風景を看板にしてるんですね~なんだかニクイわ。
(一枚目の写真と比べてみてくださいね!坂の先の建物とか同じ形なので^^)

c0212213_19542479.jpg
ここは昨日紹介したアレクサンドル・ネフスキー聖堂前のPikk jalg通りにあるカフェレストラン
Pika Jala」の看板。
雨どいを使ってブーツにしています。
ここがPikk jalg(ピック ヤルグ)通り(エストニア語で「長い足」通り)だからかな!?

ちなみに、最初の路地、Lühike jalgはエストニア語で「短い足」という意味だそう。
お城へ向かうこの二つの道は、
長くてゆるやかな坂は貴族用。短くて急な坂は庶民用。とのことみたいです。
格差社会~^^;

c0212213_21175535.jpg
お城の近くには、Kodakのお店もハッケン^^

もう少し歩きます~看板ショッピングにももう少しお付き合いを。
c0212213_21191092.jpg
つづきは、また明日!
[PR]
by moisuomi | 2009-10-16 19:52
15. ポストホルン
c0212213_19423644.jpg
あっ梅干し!


ブログインデックスはこちら

ロングタイムランチを楽しんでいる私たちの
タリン滞在時間は短くなってきてますが、ここで小休止。

タリンの町は、カラフル。
ここはトームペア城の前にある、トームペア郵便局。
この色使いが「ああーヨーロッパー」という気分にさせてくれます。
c0212213_19445745.jpg
今日は日曜なので、お休みでしたが、
なんとも可愛いマークです。

これ「郵便ラッパ」といい、ヨーロッパ付近ではよく見られるマークなのだとか。
郵便馬車が来ると、このホルンでお知らせしたことに由来しているみたいですね。
日本なら、ラッパのマークは「正〇丸」と相場が決まってますが(笑)

いつも「〒」に慣れている、私にはとても新鮮でした。

c0212213_194645100.jpg
このホルンはどんな音を奏でるんだろう~?

その他の国のホルンマークはこのページで紹介されてました → 
バリエーション豊かで楽しいですよ~♪


で、フィンランドでは?
c0212213_19553138.jpg
ざんねーん。ホルンマークはなし!でもこの色使いがステキなのです~^^
[PR]
by moisuomi | 2009-10-14 19:47
6. すおみ
c0212213_2151413.jpg

青が似合う国

ブログインデックスはこちら


私たちが自分の国を「Japan」でなく「ニホン」と呼ぶように、
フィンランド人も自分の国を「Finland」でなく「スオミ(Suomi)」と呼びます。

なんだか新鮮な言葉の響き♪

フィンランド語は発音が簡単で、日本語のように発音するようです。
意味は分からないけど、読み方はなんとなく合ってる感じになります。

Kiitos(キートス)・・・ありがとう
Moi(モイ)・・・やあ
Anteeksi(アンテークシ)・・・すみません

アクセントは必ず第一音節。けっこう簡単。(発音・・は、ですけど。)

さてさて、フィンランドという国について、無知な私は帰国後
ざざっと調べてみました。「へぇー(古い?)」的発見も。

一見平和そうなこの国も
大国のスウェーデンとロシア(ソ連)の狭間で、苦い歴史があったのですね。
スウェーデンに650年、ロシアに100年支配された(by 地球の歩き方)あと、
1917年独立。今年で建国92年目。まだまだ若い国なのですね。

Wiki先生はコチラ → 

そんな歴史もあってか、
ヘルシンキの町にも、ロシアやスウェーデンの香りがあちらこちらに。
c0212213_2174548.jpg
c0212213_2183486.jpg


ちなみに、フィンランドの通貨はユーロ(€)。最近は西向きなのかな。
c0212213_2193672.jpg

でも、ほとんどはクレジットカード社会なので、現金を持つ必要はなかったです。。
街の市場でも、露店でも、たいてい「VISA」って書いてますから。
[PR]
by moisuomi | 2009-10-05 21:15
5. 音降る午後
c0212213_2018122.jpg
メロディーはは空へ溶けて

ブログインデックスはこちら



ホテルにチェックイン後、友人達とヘルシンキの繁華街へ繰り出します。

c0212213_2022230.jpg

ここはエスプラナーディ通り。

エスプラナーディ公園を境に、
Pohojoisesplanadi と Etelaespranadi の二本の通りがあります。
有名店が立ちならぶ、この通りは銀座や表参道みたいなものかな?

有名店といっても、ヴィトンやエルメスでなくMade in フィンランドのお店です。
高くて買えないので、ショーウィンドウを撮って物欲を満たすわたし。

c0212213_2029778.jpg

これはマリメッコ(だったっけ・・違ってるかも・・・)。

マリメッコはよく知られているウニッコ(花柄)以外にも、いろんな柄があってポップで楽しいです♪

このほか
c0212213_20434531.jpg
こんなのとか
c0212213_2044423.jpg
こんなのとか。撮ってみました♪

見てるだけでも楽しい通りでした!
私はこの時すでに、友人からもらったマリメッコのかばんを下げていて
すっかり北欧ナイズされてます・笑

c0212213_20454444.jpg

エスプラナーディ通りのおわりにはマーケット広場 ( Kauppatori ) があって、その先は海。
船上cafeを見つけました^^ステキ!



★marimekko(マリメッコ)
OPEN Mon-Fri: 10:00-19:00 Sat: 10:00-18:00
http://www.marimekko.com
[PR]
by moisuomi | 2009-10-04 20:46