フィンランドまで何マイル?

Top
タグ:Solaris200 ( 35 ) タグの人気記事
59. ムーミン
c0212213_1813598.jpg
ムウミって呼んで^^



ブログインデックスはこちら



アアルトには無事到着したんですが、ちょっとその前に。

フィンランドで、一番日本人になじみ深いキャラクターといえばムーミン

ヘルシンキで一番大きなデパート「ストックマン」の玄関にも、ムーミン。

実は子供のころ、ムーミンが少し苦手で・・・
「なんの動物かわからない」「登場人物がちょっと気難しい」の2点が主な理由です。
なんとなく怖かったんですよー。

オトナになって色々知ると
子供が見るお話としては、少しリアルだったのかもしれませんが。



「子供向けの作品であるが、小説での雰囲気は決して明るいわけではなく、
不条理な内容も頻繁に登場する。
また登場人物には哲学的・詩的な発言をするものも多く、
子供として描かれているムーミントロールには
理解できないという描写がしばしば見られる。」



・・・ってWikipediaにも書いてあったもんね。

ちなみに、原作のトーべ・ヤンソンは男の人だと思っていました。(根拠なし。ほんとは女性)

それから、「ムーミン」というのは日本独自の呼び方で
フィンランドでは「ムーミ」と発音するらしい。
MOOMINの「N」は発音しないんですね。



ヘルシンキからは離れますが、
タンペレという街にムーミン博物館とムーミンワールドがあるとか。

美術館サイトは、丁寧に日本語表示できるみたいですよ → 

ムーミンワールドには
c0212213_18275718.jpg
あのムーミン一家のお家があるそうな。(Wikipediaより)


c0212213_18355134.jpg
(HPより)
島ひとつがムーミン谷になってるそうです、行って見たいな。

そう!キャラクター単身のムーミンは好きなんです。
しかし左側にいる、かびるんるん、みたいなのは何だったっけ?
[PR]
by moisuomi | 2010-06-06 22:27
61. カフェ・アアルト
c0212213_19274280.jpg
オナカガスイタヨ。


ブログインデックスはこちら


カフェ・アアルト(Cafe Aalto)は、映画「かもめ食堂」で
サチエがガッチャマンの歌の続きを思い出せずにいると
そこに日本から来たミドリが「ムーミン谷の夏休み」を読んでいる
・・・その場所がここ。

前回の写真の突き当たりに「CAFE AALTO」の文字が見えるでしょうか。ちょうど書店の一番奥にあります。

書店の中とはいえ、結構きちんとしたカフェでしっかり食事できます。
映画では大分広いイメージでしたが、
実際はコンパクトなお店でした。

c0212213_1932637.jpg
かもめ食堂効果で、メニューには日本語表記のものも。
店員さんも、日本人とすぐ分かるようで
「日本語のメニューもって来ましょうか」と英語で親切に案内してくれました。

私は、友人にオススメされていたサーモンパイを注文。
写真では分かりにくいですが、ものすごく大きいです。
幅15cm、厚み1.5cm といったとこでしょうか。

c0212213_1934277.jpg
それとオレンジジュースを。

しかしお高い。(このお店が、ではなく課税が高いので外食はそうなる)
この二つで合計15€(約1900円くらい)でした。

c0212213_19351730.jpg
カフェ店内のライトはもちろんアルテック。シンプルだけどゴージャス。

なーんて思いながら、サーモンパイとしばし格闘していました。
ミドリの部分はうーん・・・だったけど、サーモンと卵の部分はとても美味しかった。
しかし、フィンランド料理って全体的にちょっとショっぱいかな。。。


c0212213_19372755.jpg
日本人もちらほら、もちろん地元の方も多く来られていて
それぞれの時間の過ごし方をしていました。

c0212213_19404675.jpg
(HPより)かもめ云々を抜きにしても一度は訪れたい上品なcafe。HPは日本語表記にもなり、メニューも見れます。至れり尽くせり。
[PR]
by moisuomi | 2010-05-27 19:44
56. 厳かな光
c0212213_139775.jpg
神様はいると思う。



ブログインデックスはこちら


テンペリアウキオ教会に到着。
着いてみて考えると
迷っていた時、私は教会の玄関のちょうど真裏にいたようでした。惜しい!

c0212213_1532576.jpg
入り口はこんな感じ。一見教会とは思えない。
(Wikipediaより)

c0212213_1544576.jpg
もっと遠くから見ると地面に埋まっているよう。。(Wikipediaより)

ちなみに、この天井には外から登ることができるようで、チョイ悪少年達(inフィン)が集っていたっけ。

そして洞穴のように暗い玄関をすぎると
中は太陽の光が降り注ぐ、大きな大きな巨大な岩のドームが広がっていました。

周りの壁はすべて岩。(むきだし!)
天井には大きなガラスがあって、そこから光が降り注ぐ設計になっています。
感動ー。

この時は天気も良く、教会のすべてが
光を受けて輝いているようで、幻想的な時間でした。

この日は人影もまばら。
静かな空気の中に、ピアノの音が響きます。(何かのリハーサルのようでした)

ここはドームで音響効果が良いため、コンサートも開かれることがあるのだとか。
たくさん写真を撮りたかったのですが
シャッター音が想像以上に大きく響いたので少しだけ。

c0212213_1443658.jpg
岩壁にそってろうそくが灯る。
50セントか1€で一つ購入して灯すシステムだったので
私も一つ灯してみました。

c0212213_1463691.jpg
岩ってもっと冷たいイメージでしたが、ここのは温かい。


そして、教会を後に。


そして、この頃から腰が痛ーーくなってきました。
なんせカメラ2台とその他の荷物で、私のリュックは3キロ以上。
朝から歩き通しで、そろそろ限界か・・・。



(注) テンペリアウキオ教会は催事があるときは見学不可もしくは時間帯制限があるそう。
事前確認がbetterです。
[PR]
by moisuomi | 2010-05-27 01:49
55. そうだ、人に聞こう。
c0212213_1224078.jpg
迷路に見えてくる


ブログインデックスはこちら


迷子になってしまったし、地図もあんまり分からないし、
でも近くに来ているのは分かっていたので、通行人のおじさんを捕まえて質問。

カタコトイングリッシュの私におじさんは丁寧に
「私もそこへは行ったことないんだよ」
と応えてくれました。あらら。

目的地は・・・
c0212213_1284597.jpg
テンペリアウキオ教会

別名「ロックチャーチ(岩の教会)」。
フィンランドは岩の大地が広がっているらしく
ここは教会が岩の中にすっぽり隠れています。
(なので、見つけにくかったのかもー)

フィンランドで一番信徒が多いといわれるルーテル派の教会なので
この付近を歩いている人に聞けば、間違いなく知っていると思っていただけに
おじさんの答えに、ちょっと驚きました。

でも、とっても良い方で
一緒に地図を見てくれて、
さらに近くのお店の方に聞いてくれて、道を教えてくれました。キートス!

c0212213_1321842.jpg
そしていよいよ教会へ。
[PR]
by moisuomi | 2010-05-27 01:32
54. なんとなく迷子
c0212213_182820.jpg
迷っても撮る!


ブログインデックスはこちら



夏季営業が終了していて、おあずけをくらったリンナマキから次の目的地へ。

しかし、トラムが来ない・・・なんというロス!
この日の午後しか十分な観光ができない私にとって、こんな10分20分でも痛い気がする。

まっ、あせっても仕方ないので待つことに。
営業が終了したリンナマキの駅は、人もまばらでしたが
20分くらいで、次のトラムに乗れました。ホッ。
で、次の目的地近くの駅で降りる。

ここで、なぜか「大体で行けるだろう~」と思ってしまった私。
女の勘を信じて、街を歩く。

c0212213_142929.jpg
しかし

c0212213_145490.jpg
一向に目的地見えず。
(そもそも、のんびり撮ってる場合じゃない・笑)


c0212213_0571244.jpg
そしてそのまま、気づけば、カメラ屋の前に。
しかもこの先行き止まり。ひえー。迷った。

AGFAはドイツのフィルム・カメラメーカー。
カメラ事業は撤退しているらしい?ですが、いまでもフィルムは売ってます。

ちなみに、フィンランド語でもカメラは「kamera」。

c0212213_17780.jpg
店頭には中古のカメラが展示されていて、ジロジロ見る私。
Yashica(ヤシカ)の二眼レフとこんなところで会うなんてー^^

掘り出し物を狙って、店内に入っては見るものの
フィルムはホコリまみれ、カメラもそんなに安くなく
一瞬でお店を後にしてしまいました。

旅先では、迷子も発見があって楽しいけど
それでも、そろそろ目的地へ!
こんなときは、あの方法を!
[PR]
by moisuomi | 2010-05-27 01:11
53. リンナマキ遊園地
c0212213_19355916.jpg
夏じゃなかったのか。


ブログインデックスはこちら


アラビアファクトリーからトラム8に乗って向かった先は遊園地。

ここリンナマキ遊園地は、フィンランドで一番古い遊園地なんですって。
ガイドブックには、それほど紹介されていないけど
古い遊園地は、さぞ被写体に良いだろう♪と狙っていた地のひとつだったのです。

トラムの駅を降りて、少し上ると丘の上に遊園地があります!
そして到着!

c0212213_19391987.jpg
なのに、あら?(汗)

そう、遊園地は夏季のみ営業。9月13日を持って営業終了だったのです。とほほ。
ただし、営業期間中は10時までライトアップして営業しているそう。見たかったなー遊びたかったなー。

c0212213_1941585.jpg
ピエロの顔も悲しく写ります。

思えばトラムの駅からの道にまったく人影がなくて、おかしいなあと思っていたのだ・・・。
すっかり落ち込んで、とぼとぼ丘を下りました。

足がさらに棒のようになりました。
精神面って、体のコンディションにも影響するようです、やはり。

c0212213_19442730.jpg
つい最近まで営業していた雰囲気もちらほら。

今度もし、リンナマキに行くことができれば、
その速度のまばらな観覧車に乗ってみたいもんです → このサイトに乗ってます

幸い、まだ時間もあるし、気を取り直して次の目的地へ!

c0212213_23435678.jpg
この坂を下ると、トラムの駅。散歩中のわんこが不思議顔。
「なぜ休園中のリンナマキに?」とか思われてたりして・笑
[PR]
by moisuomi | 2010-01-23 19:42
52. 車窓から
c0212213_22294254.jpg
ベランダと空が青。


ブログインデックスはこちら


さてさて、手ぶらでアラビアファクトリーを後に。
行ってみたい場所があったので、来たときとは違うトラムに乗ることに。

トラムが来るまで、周りをぶらり。
c0212213_22314555.jpg
ヘルシンキの秋の空。
今更ですが、予想以上に毎日良い天気で暖かくて・・・
短い滞在にはありがたい。
この赤い実が、青い空に映えて綺麗♪

c0212213_22345425.jpg
マンホールの蓋かと思ったら違うみたい。

日本だと地域によって絵柄が違うのでつい見入ってしまうので
フィンランドでも撮ったのですが、これは電話会社の回線の蓋のようです。
c0212213_22433435.jpg
docomoののロゴになんとなく似てるかも・笑

北欧はインターネットや携帯が随分発達していると聞きました。
sonera(ソネラ)社(今は合併して「テリアソネラ社」となっている)は、
自動販売機から携帯で買い物できるシステムを実用化していた会社とか!へええ。

c0212213_22384974.jpg
一枚目は行きの車窓から。これは帰りの車窓から。
たぶんマンションなんだけど、色合いがとっても綺麗で
2回撮ってみました。

さて!つぎの目的地へ!
[PR]
by moisuomi | 2010-01-22 21:02
51. メレンゲ!メレンゲ!
c0212213_21341180.jpg
甘いものでほっと一息。


ブログインデックスはこちら


歩きつかれて、オナカも減って・・・なので、
アラビアファクトリーショップの建物内にあるカフェへ。

サンドイッチもあったけど、日本では見かけないサイズだったので・・・
ケーキにしました^^

ヘルシンキのカフェやマーケットではメレンゲ菓子をよく見かけました。

このケーキのヨコに小さく控えているものや
ケーキの上の白いナミナミの部分がそうです。。

卵白を泡立てて、オーブンで焼くシンプルな菓子なのですが
サクサクして美味しいのです。

私は、家で自分で焼くこともあるくらいのメレンゲ菓子好きなので
これはラッキー!でした^^

c0212213_21442520.jpg
さてさて、ここはアラビアファクトリー内のカフェなので、食器もアラビア、イッタラでした。
自分で好きなのを選んで使えます♪

c0212213_21452370.jpg
北欧の浅く柔らかい日差しが差し込む店内で
次の行動をどうするか、考え中。
甘い甘いケーキのおかげで、頭は動きだしたものの、
体は、どんどん重くなってきて、
ふたつのバランスの悪さに困ってしまいます。

まだ、行きたいところが沢山あるのに!
[PR]
by moisuomi | 2010-01-21 21:53
50. フィンランドカトラリー
c0212213_22464827.jpg
シンプルでパーフェクト。


ブログインデックスはこちら


アラビアファクトリーショップでは
アラビア以外の、フィンランド産の色々なデザインに出会いました。

日本でも見かけたけど、やっぱりこれはいいなーと思ったのは・・・
c0212213_22553928.gif
写真のシマシマカップ(オリゴ)が有名かな。
映画「かもめ食堂」でサチエさんが、珈琲をこれで飲んでいたのが印象的でした。
(でも、実際は取っ手がない分熱くて持てない気がした・・・笑)

私がこの頃、よくお店で見かけたのがこのデザイン
c0212213_2257793.jpg
まるでおとぎ話のよう・・。
c0212213_22581372.jpg
ティーマシリーズは、日本でもよく見かけます。
以上の画像は、このHPからお借りしました。品揃え豊富・・・見てるだけでも楽しくなります。


逆に、日本であまり見かけなくて、いいなーと思ったのが
c0212213_234223.gif
ペンティック。

ヘルシンキでは、空港はじめ町のホームセンターでも見かけたのですが
日本では馴染みが薄い気がします。

c0212213_2362980.jpg
食器だけでなく、インテリア全般の商品がありました。
北欧風ではあるけれども、ちょっとヨーロピアンなゴージャスさも感じられました。

さて、移動につぐ移動で、まだ昼ごはんを食べていない私。
ショップ建物内にあった、喫茶でお茶することにします。足が疲れたー。
[PR]
by moisuomi | 2010-01-19 23:00
49. かのウワサの地
c0212213_21243977.jpg
その地に立つ


ブログインデックスはこちら


トラム6で向かった先は「アラビアファクトリー」。

フィンランドで有名な陶磁器メーカー「アラビア」。
c0212213_2274723.gif
1873年、つまり140年ほど前から、ここアラビア地区で創業しています。
フィンランド観光では外せないこの建物。
以前から、雑誌やブログで見かけたこの建物の前に自分が立っているのが不思議でした。

フィンランド中心地からトラムで20分ほど(だったっけか)ですが、とても静かな街。

c0212213_215252.jpg

写真の建物の手前にある、ガラス張りの建物がファクトリーショップ。
入り口はこんな感じ。洗練されてる~♪
ファクトリーショップでは、
アラビア以外にも、他のフィンランドブランドの食器やリネンが販売されています。


値札にシールが貼ってあって
・白 ・・・ 定価
・黄 ・・・ B級品
・赤 ・・・ セール品
とランク分けされているようです。
キズ、シミもあるので、入念にチェックされたほうが良いそうです。

商品の品揃えは、普通のお店にあるものと変わりなかったし
量も豊富で目移りします。

もし、たくさん買っても船便もしくは航空便で日本に送れます。(船便で5000円くらい)
ただし、持って帰る場合は、空港の荷物の重量制限(15キロまで)にひっかからない程度に・・。
食器って意外と重いですから。

私は、というとカメラ達も重かったし、何も買わずに出てしまいました・・・。
なにしに来たんだ(笑)

c0212213_2157916.jpg
でもやっぱり欲しくなって、結局、帰りの空港で買ってしまったアラビアの小皿。
フィンランドカラー・・・。

それから、アラビアファクトリーに行くときは
トラム6の「終点のひとつ前」、「Toukoniitty」で降りてくださいね。
私は間違って終点の「Arabia」で降りてしまって大失敗!
ここからファクトリーショップへは歩いて10分かかります。
たった10分だけど、旅行ですでに疲れた足腰にはキツかった・・・・・・・。


★おまけ
ここにもアラビア!(ホテルのトイレです)
c0212213_0263061.jpg
やっぱりTOTOじゃないんだ・・・当たり前だけど新鮮♪
ちなみこの取っ手は、押すのでなく、上へ引っ張ると、トイレの水が流れます。
[PR]
by moisuomi | 2010-01-17 21:52