フィンランドまで何マイル?

Top
タグ:Hasselblad・501C/M ( 13 ) タグの人気記事
26.みどりの夕暮れ
c0212213_21342093.jpg
どこまでも、どこまでも。


ブログインデックスはこちら


カフェウルスラで、小腹を満たし、また歩き始める私たち。
もう、1万歩は超えてる気配。

そんな私たちが足を踏み入れたのは「カイヴォプイスト(Kaivopuisto) 公園」。
いやはや、スケールが違います!
東京ドーム何個分?(行ったことないけど)

この公園は海に面しているため、広い上に、視界をさえぎるものがないので、
ただただ、緑が広がっている光景に圧倒されます。

c0212213_21402641.jpg
このときで17時は回っているでしょうか。
フィンランドは太陽が低いせいか、夕暮れを柔らかく感じました。
名残惜しそうに沈んでいく太陽。
どんどん長くなる影。待って~まだ行きたいとこがあるよ~

そんなとき。。。
c0212213_21385833.jpg
おおっ!キノコ発見!!
「かもめ食堂」~ってカンジだわ♪(詳しくは映画を・・・)

この公園は、ホントに広いので
シナモンロールで補給した元気を、ちょっとなくしてしまいました。

しかし、観光客根性で、足がどんなに疲れていても
歩き続けてしまうのです・・・恐ろしい・笑



ちなみに、5月1日はフィンランドのメーデー・Vappu(ヴァップ)の日。
長い冬が終わり、春が来たことを祝う日です。(政治的な意味合いもあるみたいですが・・)
伝統的には「公園でピクニックをする」という形もとられ、
ヘルシンキでは、ここカイヴォプイスト公園で、ブランケットの上に座って、美味しい食事をするんですって。
楽しそう♪ (参考にした文章は↓に。)

フィンランドのメーデー、Vappu(ヴァップ)
[PR]
by moisuomi | 2009-10-26 21:42
23. みんなのWA
c0212213_22201612.jpg
今日はハッセルで。


ブログインデックスはこちら


ここは、海沿いにある「カフェ・ウルスラ (Cafe Ursula)」

映画かもめ食堂では、お話の後半に
サチエ(小林聡美)、ミドリ(片桐はいり)、マサコ(もたいまさこ)と
フォンランド人女性リーサの4人で、休日に昼ビールしてる場面で
登場します。

ちょこっとだけ・・・こんな感じです・・・(C)のこともあるので小さめですが・・・
c0212213_2225036.jpg
かもめ食堂のスチールカメラマンは、高橋ヨーコさん。大好きな写真家さん。
彼女の写真は このサイト で見れます。素敵です^^

映画で見た感じでは、「バカンスー」な雰囲気だったのですが
こうして見ると、そうでもない。
日常に溶け込んだ、みんなのカフェって感じでした。

この日は天気もよく、暖かだったので、テラス席は満席。
私たちも、空いた席をキョロキョロ探して、やっと見つけて座れました。
後ろの席には。。。
c0212213_22104459.jpg
やあ、こんにちは^^
このカフェはペット同伴可。さらに賑やかになって楽しかったです。

写真の青い水玉模様は、カフェにあるブランケット。
こんなとこにも、フィンランドカラー♪

ちなみに。。。。
地球の歩き方では、このカフェへのアクセスは
「トラム3T kaivopuisto で下車し、徒歩」とありましたが、
この駅から、カフェウルスラへは森を抜けて、かなりの距離があります。
行かれるときは、お気をつけて!
夜はちょっと(いや、かなり)怖いと思います・・・。


★カフェ・ウルスラ Cafe Ursula
Ehrenströmintie 3, 00140 Helsinki (09) 652 817
9:00-22:00 (夏季は -24:00) 無休(←フィンランドでは珍しかった!)
[PR]
by moisuomi | 2009-10-22 21:37
17. タリン・看板ショッピング①
c0212213_1952714.jpg

それぞれのもてなし。


ブログインデックスはこちら


タリンの滞在時間も残りわずかとなってきました。
早足の合間に、色んな店先を撮ってきました♪
c0212213_1954844.jpg
一枚目の写真の路地(Lühike jalg・ルヒケ ヤルグ通り)にある「HELINA TILK(ヘリナ・ティルク)」 。
ここはMade in エストニアの動物の食器のメーカーなんですって。
残念ながら店内は見てないのですが、HPで見ると可愛い~行っときゃよかったわー。

HPには、雪深い時期のお店の写真も。。

このお店がある路地の風景を看板にしてるんですね~なんだかニクイわ。
(一枚目の写真と比べてみてくださいね!坂の先の建物とか同じ形なので^^)

c0212213_19542479.jpg
ここは昨日紹介したアレクサンドル・ネフスキー聖堂前のPikk jalg通りにあるカフェレストラン
Pika Jala」の看板。
雨どいを使ってブーツにしています。
ここがPikk jalg(ピック ヤルグ)通り(エストニア語で「長い足」通り)だからかな!?

ちなみに、最初の路地、Lühike jalgはエストニア語で「短い足」という意味だそう。
お城へ向かうこの二つの道は、
長くてゆるやかな坂は貴族用。短くて急な坂は庶民用。とのことみたいです。
格差社会~^^;

c0212213_21175535.jpg
お城の近くには、Kodakのお店もハッケン^^

もう少し歩きます~看板ショッピングにももう少しお付き合いを。
c0212213_21191092.jpg
つづきは、また明日!
[PR]
by moisuomi | 2009-10-16 19:52