フィンランドまで何マイル?

Top
60. アカデミア書店
c0212213_22324459.jpg
直線と光と本と



ブログインデックスはこちら


ビルの入り口を入ると、そこは本屋の一階。
少し広いフロアではあったけれど、普通な感じ。

そのままエスカレータを登ると・・・

おおお!なんだこの広がり!

美しい直線で構成された建物は、書店というより美術館でした。
吹き抜けの上から、あかるいお日さまの光がふりそそぎます。

テンペリアキウオ教会といい、アカデミア書店といい、
フィンランドの建築のデザインは、光の射し方がとても大胆かつ素敵。
お日さまが恋しい北欧ならではの発想でしょうか。

c0212213_1855958.gif
ネットショッピングもできるみたい。


この建物を設計したのが、アアルトさん。
ア、が2つ続くなって日本人にはちょっと発音しづらいか・笑

アルヴァ・アアルトはフィンランドを代表する建築家で、
建物だけでなく、家具やカトラリーもデザインしています。

私は、この旅行までは名前には馴染みがなかったのですが
c0212213_195130.jpg
この特殊な形をした花瓶には見覚えがありました。

これは「アアルト・ベース」っていうんです。

このHPに詳しく解説されてました。
だからああいう形だったのか。。ふーん。

これが1937年(戦前!)の作だというのだから
秀逸なものは時代を超えて愛されるというのが、よく分かります。

アアルト家具も素敵。Artek(アルテック)というお店で売っています。

c0212213_19123155.jpg

c0212213_19124526.jpg
洒落てるぅ。
[PR]
# by moisuomi | 2010-06-13 21:56