フィンランドまで何マイル?

Top
<   2010年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
60. アカデミア書店
c0212213_22324459.jpg
直線と光と本と



ブログインデックスはこちら


ビルの入り口を入ると、そこは本屋の一階。
少し広いフロアではあったけれど、普通な感じ。

そのままエスカレータを登ると・・・

おおお!なんだこの広がり!

美しい直線で構成された建物は、書店というより美術館でした。
吹き抜けの上から、あかるいお日さまの光がふりそそぎます。

テンペリアキウオ教会といい、アカデミア書店といい、
フィンランドの建築のデザインは、光の射し方がとても大胆かつ素敵。
お日さまが恋しい北欧ならではの発想でしょうか。

c0212213_1855958.gif
ネットショッピングもできるみたい。


この建物を設計したのが、アアルトさん。
ア、が2つ続くなって日本人にはちょっと発音しづらいか・笑

アルヴァ・アアルトはフィンランドを代表する建築家で、
建物だけでなく、家具やカトラリーもデザインしています。

私は、この旅行までは名前には馴染みがなかったのですが
c0212213_195130.jpg
この特殊な形をした花瓶には見覚えがありました。

これは「アアルト・ベース」っていうんです。

このHPに詳しく解説されてました。
だからああいう形だったのか。。ふーん。

これが1937年(戦前!)の作だというのだから
秀逸なものは時代を超えて愛されるというのが、よく分かります。

アアルト家具も素敵。Artek(アルテック)というお店で売っています。

c0212213_19123155.jpg

c0212213_19124526.jpg
洒落てるぅ。
[PR]
by moisuomi | 2010-06-13 21:56
59. ムーミン
c0212213_1813598.jpg
ムウミって呼んで^^



ブログインデックスはこちら



アアルトには無事到着したんですが、ちょっとその前に。

フィンランドで、一番日本人になじみ深いキャラクターといえばムーミン

ヘルシンキで一番大きなデパート「ストックマン」の玄関にも、ムーミン。

実は子供のころ、ムーミンが少し苦手で・・・
「なんの動物かわからない」「登場人物がちょっと気難しい」の2点が主な理由です。
なんとなく怖かったんですよー。

オトナになって色々知ると
子供が見るお話としては、少しリアルだったのかもしれませんが。



「子供向けの作品であるが、小説での雰囲気は決して明るいわけではなく、
不条理な内容も頻繁に登場する。
また登場人物には哲学的・詩的な発言をするものも多く、
子供として描かれているムーミントロールには
理解できないという描写がしばしば見られる。」



・・・ってWikipediaにも書いてあったもんね。

ちなみに、原作のトーべ・ヤンソンは男の人だと思っていました。(根拠なし。ほんとは女性)

それから、「ムーミン」というのは日本独自の呼び方で
フィンランドでは「ムーミ」と発音するらしい。
MOOMINの「N」は発音しないんですね。



ヘルシンキからは離れますが、
タンペレという街にムーミン博物館とムーミンワールドがあるとか。

美術館サイトは、丁寧に日本語表示できるみたいですよ → 

ムーミンワールドには
c0212213_18275718.jpg
あのムーミン一家のお家があるそうな。(Wikipediaより)


c0212213_18355134.jpg
(HPより)
島ひとつがムーミン谷になってるそうです、行って見たいな。

そう!キャラクター単身のムーミンは好きなんです。
しかし左側にいる、かびるんるん、みたいなのは何だったっけ?
[PR]
by moisuomi | 2010-06-06 22:27
58.ヘルシンキ中心街へ
c0212213_1748284.jpg
光と壁の街。


ブログインデックスはこちら


テンペリアキウオ教会から歩くこと20分ほどで、
ヘルシンキ中央駅へ到着。

c0212213_17501987.jpg
途中で看板なぞ撮ってみる。

このプレートは、通りのコーナーごとに設置されていて
通りごとに違う種類の動物が看板になっている。
昔の地名にちなんでいるそう。


もう腰も痛いし、早く帰ろうと思うものの
こういうときに限って天気がよくなってくるもので。

せっかくだし。。と中心街へ、気合で歩く。
有名な「三人の鍛冶屋像」のある通りに入る。(Aleksanterin通り)
この付近はトラムの線が複数あって、人々も多く賑わっている。

c0212213_17524763.jpg
私が訪問した時期は「パブロ・ピカソ展」がアテネウム美術館で開催されていました。
(行きたかったけど、スケジュール都合上ムリでした・・)

お日さまの光がきれい。

c0212213_180263.jpg
痛い腰を引きずって、ここまで来た理由はここ。

映画「かもめ食堂」で、サチエとミドリが出会う書店&cafe。
ああ、ミーハー(笑)


はい、つづく!
[PR]
by moisuomi | 2010-06-05 22:25
57. ブレイク
c0212213_255854.jpg
もう一度食べたい。



ブログインデックスはこちら


腰を痛めつつも、旅は続いていますが、
ここらでちょっと休憩。


今回のフィンランド旅で、一番美味しかったもの。
それはサーモンでも、トナカイでもなく、ヨーグルト!

写真のものは、フィンランドに住む友人が進めてくれたもの。
「VIILI(ヴィーリ)」。

ヨーグルトといっても、日本のとは違うんです。
食わず嫌いな私。おそるおそる開封。
c0212213_2101643.jpg
うっ、なんだこの白い塊は??腐ってる?(腐ってません)

c0212213_2113825.jpg
かき混ぜて食べてと友人が言ったのを思い出し、混ぜてみる。
ブルーベリーソースだ。

c0212213_2121347.jpg
そして驚くべきはこのネットリ感!!

食べてみると・・・・すごく美味しい!
ヨーグルトのように酸味がなくて、まろやかな味。
このネットリ感が逆に好き。喉越しがイイ!かといってクドくもない。
このまま2.3個食べれそう。

ああー!どうしてもっと食べておかなかったのか!と後悔しきり。(ちなみにこの日が最終日)

日本に帰ってきて、同じようなものを探したのですが見つからず。

2002年には一度雪印から「北欧ヨーグルト」なるものが発売されていたようですが
今は見当たりません。(そもそもメグミルクになっちゃったし)

近い感じとしては「カスピ海ヨーグルト」でした。
でもネバつきが足りない。
足りないと思いつつも、今や、カスピ海ヨーグルトしか食べていない私です。

あーほんとにもう一度食べたいー!
[PR]
by moisuomi | 2010-06-03 22:01