フィンランドまで何マイル?

Top
<   2009年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧
45. ただいまヘルシンキ
c0212213_0161950.jpg
港じかん。


ブログインデックスはこちら


スオメンリンナから約15分でまたヘルシンキに。
まだ12時前なので、今からどこに行こうか考えながら
マーケットを再度散策。

c0212213_019326.jpg


朝のマーケットとは違って、人が多くて、日差しが暖かい。
(曇ったり晴れたりは目まぐるしいけども。。)
朝はまだ見かけなかった、食料品以外のお店もチラホラ。
ここのマーケットは、観光客も多くくるそうで、おみやげもの屋さんもあります。

c0212213_0211058.jpg
ヘルシンキもそろそろ10月・・冬支度にはこの帽子いいかも^^

c0212213_0204884.jpg
お店の方の帽子もよく似合ってる^^お客さんの帽子もお似合い♪

c0212213_0241791.jpg
デザート選び?慎重そう^^

そんな、人それぞれの港じかん。
時間がゆっくり流れていて(地元の方はweekdayだけれども)
なんだかゆったり気分。
[PR]
by moisuomi | 2009-12-23 00:19
44.さよならスオメンリンナ
c0212213_20295570.jpg
待つ人、来る人。



ブログインデックスはこちら


結局、Naval Academy(海軍学校)のある小島でウロウロしてみたんですが、
c0212213_2032574.jpg
人気なし。。。(でもドアの色綺麗♪)

そして秋が深まるヘルシンキなので
c0212213_20324551.jpg
色づく緑も綺麗♪

c0212213_20334442.jpg
島でよく見かけていた黄色い花も綺麗♪
城塞の昔も平和な今も、花はいつも咲いていたんだろうなあ。

船着き場へ戻ったのですが、
まだ少し時間があったので、付近を散策。
c0212213_20385389.jpg
幼稚園かな。
実は朝もこの付近に来ました。
道が分からない私たちは、
園児のお母さんらしき人に、大砲方面への道を教えてもらっていたのです。

c0212213_2040968.jpg
こういう風景は、日本もスオメンリンナも同じ。
昔の要塞も、すっかり日常に溶け込んでしまっているよう。

現在、スオメンリンナは住宅地として人気があるようで900人ほどの方が暮らしているそう。
夏はヘルシンキからピクニックに来る人で賑わうとか。平和だな^^

今回はあまり時間がなくて、十分堪能できなかったけれど
また機会があったら(あるのかな^^;)、ゆっくり見て回ろう!
そして今度は別の船に乗って行こう!
スオメンリンナは小さな島ですが、起伏が激しくて要塞の先端まで行くのは
けっこう疲れます。
要塞の先端まで連れて行ってくれる船のほうがオススメかな。

c0212213_20483771.jpg
幼稚園のそばにあった壁。なんだか人の顔に見えた。
一人になって、たった1時間なのに、もう人恋しい?!?
[PR]
by moisuomi | 2009-12-13 20:34
43. ソライロの島
c0212213_218750.jpg
ソライロヤジルシ


ブログインデックスはこちら


スオメンリンナはいくつかの4つの島の集合体で、
それぞれの島は橋で結ばれています。
船着場からとりあえず例のトンネルと逆方向へ行ってみることに。

c0212213_2144517.jpg
ちょっと探検気分。

c0212213_21124338.jpg
前日夜に少し雨、朝も曇っていたのですが
この時間になると、いいお天気に!
フィンランドのお天気は気まぐれ。でも晴れてくれて嬉しい!

この橋を超えると何があるのかな。。。
c0212213_21142387.jpg
橋を渡りながら進行方向に向かって
右手にぼんやり見えるのは、ヘルシンキの街。
c0212213_21155365.jpg
そして向かって左手に停泊する船。だれもいない、静謐な時間に私の靴音とシャッター音。

おーい、誰かいませんかあ。

c0212213_2128583.jpg
ものの3分ほどで隣の島(Pikku Mustasaariというらしい)の入り口に到着。
なにやら看板が。
「the Naval Academy」ってことは海軍学校があるんですね。へー。

ということは、さっきの船は学校の?
特に立ち入り制限もなかったので、怖いものナシの私はどんどん島の中へ。
でも学校の生徒さんらしき人には会いませんでした。。授業中かしら。

その代わり工事現場のおじさん達に会いました。
普通は観光客は来ないであろう地区なのか、ちょっと珍しそうに見られた(気がした)。
[PR]
by moisuomi | 2009-12-12 21:13
42. そしてひとり
c0212213_0285059.jpg
一人旅へ。


ブログインデックスはこちら


各種事情により、ここから一人旅に。
早足で歩いて、少し疲れたのでベンチに座ってフィルムの交換。

c0212213_135634.jpg
ほんとにいい天気・・・改めて一人になると、また違う風景が見えてくる気も。

次の船まで時間があるので、
砲台方面以外の島の風景を楽しむことに。

c0212213_0383787.jpg
朝早かったせいなのか、シーズンオフのせいなのか
私が島にいた時間帯に開いているお店が、あまりなかったような。
でもそのカフェは花に埋もれていて、それはそれで素敵でした。

c0212213_16248.jpg
2階のテラスは暖か。

c0212213_172017.jpg
日も高くなってきたので、観光客も少しずつ増えてきました。みんな砲台方面に向かうみたい。

ちなみに、一枚目の写真のトンネルは船着場の近くのピンクの建物をくり抜くようにあり、
ここをくぐると船着場からスオメンリンナの砲台方面へ行くことができます。

私にとっては、一人旅を始めるゲートのよう。
不安とわくわくの混じる不思議な気分。
[PR]
by moisuomi | 2009-12-06 00:28