フィンランドまで何マイル?

Top
<   2009年 10月 ( 29 )   > この月の画像一覧
10. 森ガール
c0212213_21503766.jpg

・・・って知ってます.:*゜・。.:*・゚・.。*゜・.+゜*. ?


ブログインデックスはこちら



なんやら、いま流行りの「森ガール」。ご存知でしょうか。

森ガールについては下記をクリックしてくださいね。
mixiのコミュが発端みたいですが、いま静かに流行ってる・・・気がします。

私が当てはまるのは、「カメラ片手に散歩をするのが好き」くらいですが
森ガール代表とされる蒼井優ちゃんは大好きです。

旅行に出発前のある日、こんな雑誌を発見!
c0212213_21571045.jpg
なになに?エストニア特集?即購入~!

ミーハーは私は、雑誌に特集されてる、ってだけで
エストニアへの熱がだーっと上がりました。

どうやら森ガール界では「北欧」はアツいみたいですね^^

c0212213_2215163.jpg


さあ、エストニアで目指せ「森ガール」!

まー私はオトナなので、森ガールっていうよりは、森ねえさんですが(笑)

「森ガール」とは
[PR]
by moisuomi | 2009-10-09 22:00
9. ひかりのくに
c0212213_2132759.jpg
ほほえみのひかり



ブログインデックスはこちら


昨日の疲れもあってか、高速船で寝ていて
あっという間に着いたタリン。 → 地図
地図のカーソルを(-)へ動かすと、ヘルシンキとの位置関係も分かります

第一印象は・・・明るい!!
ヘルシンキから少し南へ下っただけなのに、なんだか太陽のパワーが感じられます。
(快晴だったせいもあるのでしょうが・・・^^;)
c0212213_21445432.jpg
国が違うだけあって、建物の感じも随分違います。ヨーロッパって面白い♪

明るい太陽、明るい緑。見てるだけで心弾みます。

c0212213_21471114.jpg
こんなにクッキリした影なんて、なかなか見れません。きっと。

c0212213_21474528.jpg
こういうのは、全世界共通なのね(笑)

c0212213_21531219.jpg
そして目的地に向かいます・・・ほんとに良いお天気♪
[PR]
by moisuomi | 2009-10-08 21:48
8. 南へ走る
c0212213_204181.jpg

走れ走れ。

ブログインデックスはこちら



c0212213_20414435.jpg

おはよう。フィンランド。初めての朝です。

この日もいい天気♪
今日の目的地は、バルト三国のひとつ、エストニアのタリン。
ヘルシンキから高速船で1時半の向こうにある、外国です。
出国につぐ、出国の毎日で、目まぐるしいけど楽しい♪

船が発着するマカシーニターミナルまで、トラムと徒歩で参ります。
c0212213_20454933.jpg


この日は日曜日だったせいか、家族連れや旅行者(もちろん日本人も)を多く見かけました。
ヘルシンキは税率が18-22%なので、エストニアにタバコやお酒を買いに行く人もいるそう。
なるほど~。
ちなみに、二国間では協定が結ばれていて、パスポートはなくても出国できます
(でもパスポートのハンコが増えないのはつまらない)

c0212213_20473298.jpg

乗ったのは高速船「Linda Line」。赤い船体がカッコよいのです~
c0212213_20492368.gif


チケット購入は友人にまかせて、私はマカシーニターミナルをうろうろ。
c0212213_2050393.jpg
おいしそ~
c0212213_2050595.jpg
なんだろ、これ?

なーんてしている間に、出航の時間。

いざタリンへ!!
[PR]
by moisuomi | 2009-10-07 20:54
7. トナカイナイト
c0212213_2185953.jpg

異国の夜はムーディーに。


ブログインデックスはこちら


日も暮れかけて・・・

c0212213_21181912.jpg

友人に連れられて訪れたのはトーロ公園(Töölön puisto)。
トーロ湾を臨む広大な公園で、ジョガーもちらほら。気持ちよさそう。
ヘルシンキは町の中に公園が多いくて、しかも、公園というよりは「森」な感じ。

薄暗くなってきた中、私たちは公園に住んでいる野うさぎ達にも遭遇!(たくさんいるらしい)
色が薄茶色なので、正面からは見つけにくいんですが
逃げるときにお尻の白い毛が目立つので、逃げられると見つけられます。(それでは遅いんだが)

私たちがトーロ公園を訪れた理由は夕食のため。
友人オススメの「トナカイ料理」のレストランが公園内に。
フィンランドでよく食べられるものとして、トナカイ肉やサーモンが食べられ、しかも美味しいらしい。

入り口にトナカイのオブジェ。
さあー食べるぞー!と入ったものの・・・
c0212213_21381751.jpg

メニューを目の前にして、未知の食物に俄然尻込み。。。

結局
「友人の前菜(トナカイの燻製)をつつく」
「友人のメインディッシュ(トナカイステーキ)のおすそ分けをもらう」といった
情けない状態に。ああ食わず嫌い。

そんなまでして食べたトナカイのお味は、
豚と牛肉と鳥のあいのこ、みたいな感じでした。若干ぱさっとしてました。
臭みは少なかったですが、牛や豚には負けるかな~・・・

フィンランドはサーモンや魚介類も美味しいようで
私が食べたえびやサーモンや白身魚は旅を通して美味でした。
サーモンは日本よりもフィンランドが美味しかった!

ふと外を見ると、半そで・短パンのジョガーが!
もうかなり寒くなってくる時間帯なのに~すご。


そんなこんなで、初日の夜はふけゆくのでした・・・
[PR]
by moisuomi | 2009-10-06 21:45
6. すおみ
c0212213_2151413.jpg

青が似合う国

ブログインデックスはこちら


私たちが自分の国を「Japan」でなく「ニホン」と呼ぶように、
フィンランド人も自分の国を「Finland」でなく「スオミ(Suomi)」と呼びます。

なんだか新鮮な言葉の響き♪

フィンランド語は発音が簡単で、日本語のように発音するようです。
意味は分からないけど、読み方はなんとなく合ってる感じになります。

Kiitos(キートス)・・・ありがとう
Moi(モイ)・・・やあ
Anteeksi(アンテークシ)・・・すみません

アクセントは必ず第一音節。けっこう簡単。(発音・・は、ですけど。)

さてさて、フィンランドという国について、無知な私は帰国後
ざざっと調べてみました。「へぇー(古い?)」的発見も。

一見平和そうなこの国も
大国のスウェーデンとロシア(ソ連)の狭間で、苦い歴史があったのですね。
スウェーデンに650年、ロシアに100年支配された(by 地球の歩き方)あと、
1917年独立。今年で建国92年目。まだまだ若い国なのですね。

Wiki先生はコチラ → 

そんな歴史もあってか、
ヘルシンキの町にも、ロシアやスウェーデンの香りがあちらこちらに。
c0212213_2174548.jpg
c0212213_2183486.jpg


ちなみに、フィンランドの通貨はユーロ(€)。最近は西向きなのかな。
c0212213_2193672.jpg

でも、ほとんどはクレジットカード社会なので、現金を持つ必要はなかったです。。
街の市場でも、露店でも、たいてい「VISA」って書いてますから。
[PR]
by moisuomi | 2009-10-05 21:15
5. 音降る午後
c0212213_2018122.jpg
メロディーはは空へ溶けて

ブログインデックスはこちら



ホテルにチェックイン後、友人達とヘルシンキの繁華街へ繰り出します。

c0212213_2022230.jpg

ここはエスプラナーディ通り。

エスプラナーディ公園を境に、
Pohojoisesplanadi と Etelaespranadi の二本の通りがあります。
有名店が立ちならぶ、この通りは銀座や表参道みたいなものかな?

有名店といっても、ヴィトンやエルメスでなくMade in フィンランドのお店です。
高くて買えないので、ショーウィンドウを撮って物欲を満たすわたし。

c0212213_2029778.jpg

これはマリメッコ(だったっけ・・違ってるかも・・・)。

マリメッコはよく知られているウニッコ(花柄)以外にも、いろんな柄があってポップで楽しいです♪

このほか
c0212213_20434531.jpg
こんなのとか
c0212213_2044423.jpg
こんなのとか。撮ってみました♪

見てるだけでも楽しい通りでした!
私はこの時すでに、友人からもらったマリメッコのかばんを下げていて
すっかり北欧ナイズされてます・笑

c0212213_20454444.jpg

エスプラナーディ通りのおわりにはマーケット広場 ( Kauppatori ) があって、その先は海。
船上cafeを見つけました^^ステキ!



★marimekko(マリメッコ)
OPEN Mon-Fri: 10:00-19:00 Sat: 10:00-18:00
http://www.marimekko.com
[PR]
by moisuomi | 2009-10-04 20:46
4. 北欧カラー in トラム
c0212213_2235913.jpg
非日常の日常


ブログインデックスはこちら


フィンランドにトラムに乗って必ずで見かけるモノがこれでした。
フィンランドの旅行本やブログでもよく見かけていたので、
最初見たとき、「あー見たことあるある!」と盛り上がってしまいました・笑
c0212213_22362624.jpg

定期券やツーリストカードの認識に使うものらしいんですけど、
青と黄緑の組み合わせが、北欧~!って感じにさせてくれます。(私だけ?)

c0212213_22372714.jpg

シートのデザインもいちいちかわいい^^
これは大聖堂のイラストなのかな。。。

c0212213_2239493.jpg

ちなみに、トラムの乗り方。

トラムが止まったら、ドアについているこの赤ボタンを押します。
日本と違ってオートじゃないんです。

降りるときも、ドアに同じボタンがあって、それを押すと開きます。
初めて押すときはドキドキしますよ~

開閉ボタン「青」にもマークが見えましたが
ヘルシンキではベビーカーを押している方をよく見かけます。
c0212213_22415550.jpg

トラム内にもこんなボタン。

実はヘルシンキでは、ベビーカーに乗っていると運賃がタダになるんですって。
なるほど~それでか。

赤ちゃん・・・じゃないよね~みたいな大きさのお子さんも
ベビーカーに乗っていたりします。
なので、ベビーカーも結構ビッグサイズでした。
[PR]
by moisuomi | 2009-10-03 22:43
3. トラムに乗って
c0212213_2246267.jpg

迷路の街


ブログインデックスはこちら


ヘルシンキには、地下鉄・バス・列車があるけれど、
一番よく乗ったのはトラム。

c0212213_22493388.jpg

ヘルシンキは、そんなに大きな街ではないのですが、街のあちらこちらに走ってます。
基本は緑の車体なんだけど、宣伝も兼ねてか違うデザインの車体も見かけました。

c0212213_2256512.gif


トラムの路線は7路線ありますが、
よく使われるのが「3B・3T」トラムだそうです。
これは環状線になっていて、乗っているだけでヘルシンキ回れる優れた路線。
ただ、時々行き止まったりトラムもあるようで。。。(初日にそんなことがありました。結局?のまま・・)

どのトラムに乗るときも間違わないかドキドキ。
知らない場所なので
行きたい方向と逆方向のトラムに乗っても最初気づきませんよ・笑

トラムは、乗り換えしない場合1.8€(ユーロ)、乗り換えする場合2€(1時間)の均一料金。
地下鉄の券売機でも買えるし、運転手から直接購入も可能のようです。

ちなみに私が友人に買ってもらったチケットはこれ↓
c0212213_231299.jpg


3日券(ツーリストチケット:13.6€)です。
他に1日券(6.8€)、5日券(20.4€)があるみたい。

私のはレシートですが、
ツーリストインフォメーションやR-KIOSKで販売しているものは、
かわいいカードになってるみたいです。

c0212213_2313619.jpg


ちなみにこれは空港では販売してませんし、空港からのフィンエアーバスには使えません。
(別途5€90かかります)

日本と違って、乗車の際いちいち車掌に見せる必要ナシ。
なので、持っていなくてもトラムには乗れなく。。。も・・・無い・・・のですが
抜き打ちでチケットチェックのお役人が乗ってきて
持っていないと80€とられるそうなので、ちゃんと買いましょう♪

ヘルシンキを観光するカードとしては
観光客向けに施設利用料金が大幅割引になる
「ヘルシンキカード(72hで55€)」もあったけれど
今回は美術館に行く時間がなかったので、こちらになりました。

ちなみに、このチケットでヘルシンキ近郊の島に渡ることもできます。
島のことは、また後日(^v^)/*
[PR]
by moisuomi | 2009-10-02 22:57
2. 森の国
c0212213_15533154.jpg

窓の外を見てばかり。空ばかり。

ブログインデックスはこちら
c0212213_1555622.jpg


9時間の長いフライトも、そろそろ終わり。
出発前、用意で寝不足だったワタシは、半分以上は寝ていました。

飛行機も高度を下げてきたので、フィンランドを上空から観察。

なんだか、森と湖が多いな。。

東北みたい・・(東北上空へ行ったことないけど)。

あまり外国に来た!という風景ではなかったことが驚き。
さっそく勝手な親近感が沸きまくり。

c0212213_15573497.jpg

そして、ヘルシンキ・ヴァンター空港に到着。

ここって、フィンエアーばかりなんですよね。
普通、成田や関空って様々な種類の航空会社の飛行機があるので
同じロゴで揃っている空港って面白い。

c0212213_15591768.jpg

手荷物を受け取る場所にて。
はじめて触れるフィンランド語。(右側)
意味わかんないけど。

ヴァンター空港はほどよく小さい空港なので
入国審査も手荷物受け取りもスムーズに終わりました。

手荷物受け取り場所から、すぐ出口へ。
空港職員による手荷物シールの照合などないので、間違えると大変かも。




ちなみに、フィンエアーは手荷物制限が厳しいです。ご注意を。
燃料の石油も高騰してますから、航空会社としても厳しくせざるを得ないのでしょうが。。。

・ 預けるトランクはエコノミークラス:20kg、ビジネスクラス:30kgまで
・ 機内持ち込み荷物はエコノミークラス:8kg、ビジネスクラス:10kgまで

これを超えると、1kgにつき何千円かの課金がされます!こわっ。
帰りのお土産の重さも考えて、
行きの荷物は少なめが良いかもしれません^^

私は無駄に荷物が多いので
前日の深夜まで、自分のトランクをヘルスメーターに乗せてうなってました・笑
なので寝不足だったワケで。
[PR]
by moisuomi | 2009-10-01 16:05