フィンランドまで何マイル?

Top
カテゴリ:未分類( 64 )
52. 車窓から
c0212213_22294254.jpg
ベランダと空が青。


ブログインデックスはこちら


さてさて、手ぶらでアラビアファクトリーを後に。
行ってみたい場所があったので、来たときとは違うトラムに乗ることに。

トラムが来るまで、周りをぶらり。
c0212213_22314555.jpg
ヘルシンキの秋の空。
今更ですが、予想以上に毎日良い天気で暖かくて・・・
短い滞在にはありがたい。
この赤い実が、青い空に映えて綺麗♪

c0212213_22345425.jpg
マンホールの蓋かと思ったら違うみたい。

日本だと地域によって絵柄が違うのでつい見入ってしまうので
フィンランドでも撮ったのですが、これは電話会社の回線の蓋のようです。
c0212213_22433435.jpg
docomoののロゴになんとなく似てるかも・笑

北欧はインターネットや携帯が随分発達していると聞きました。
sonera(ソネラ)社(今は合併して「テリアソネラ社」となっている)は、
自動販売機から携帯で買い物できるシステムを実用化していた会社とか!へええ。

c0212213_22384974.jpg
一枚目は行きの車窓から。これは帰りの車窓から。
たぶんマンションなんだけど、色合いがとっても綺麗で
2回撮ってみました。

さて!つぎの目的地へ!
[PR]
by moisuomi | 2010-01-22 21:02
51. メレンゲ!メレンゲ!
c0212213_21341180.jpg
甘いものでほっと一息。


ブログインデックスはこちら


歩きつかれて、オナカも減って・・・なので、
アラビアファクトリーショップの建物内にあるカフェへ。

サンドイッチもあったけど、日本では見かけないサイズだったので・・・
ケーキにしました^^

ヘルシンキのカフェやマーケットではメレンゲ菓子をよく見かけました。

このケーキのヨコに小さく控えているものや
ケーキの上の白いナミナミの部分がそうです。。

卵白を泡立てて、オーブンで焼くシンプルな菓子なのですが
サクサクして美味しいのです。

私は、家で自分で焼くこともあるくらいのメレンゲ菓子好きなので
これはラッキー!でした^^

c0212213_21442520.jpg
さてさて、ここはアラビアファクトリー内のカフェなので、食器もアラビア、イッタラでした。
自分で好きなのを選んで使えます♪

c0212213_21452370.jpg
北欧の浅く柔らかい日差しが差し込む店内で
次の行動をどうするか、考え中。
甘い甘いケーキのおかげで、頭は動きだしたものの、
体は、どんどん重くなってきて、
ふたつのバランスの悪さに困ってしまいます。

まだ、行きたいところが沢山あるのに!
[PR]
by moisuomi | 2010-01-21 21:53
50. フィンランドカトラリー
c0212213_22464827.jpg
シンプルでパーフェクト。


ブログインデックスはこちら


アラビアファクトリーショップでは
アラビア以外の、フィンランド産の色々なデザインに出会いました。

日本でも見かけたけど、やっぱりこれはいいなーと思ったのは・・・
c0212213_22553928.gif
写真のシマシマカップ(オリゴ)が有名かな。
映画「かもめ食堂」でサチエさんが、珈琲をこれで飲んでいたのが印象的でした。
(でも、実際は取っ手がない分熱くて持てない気がした・・・笑)

私がこの頃、よくお店で見かけたのがこのデザイン
c0212213_2257793.jpg
まるでおとぎ話のよう・・。
c0212213_22581372.jpg
ティーマシリーズは、日本でもよく見かけます。
以上の画像は、このHPからお借りしました。品揃え豊富・・・見てるだけでも楽しくなります。


逆に、日本であまり見かけなくて、いいなーと思ったのが
c0212213_234223.gif
ペンティック。

ヘルシンキでは、空港はじめ町のホームセンターでも見かけたのですが
日本では馴染みが薄い気がします。

c0212213_2362980.jpg
食器だけでなく、インテリア全般の商品がありました。
北欧風ではあるけれども、ちょっとヨーロピアンなゴージャスさも感じられました。

さて、移動につぐ移動で、まだ昼ごはんを食べていない私。
ショップ建物内にあった、喫茶でお茶することにします。足が疲れたー。
[PR]
by moisuomi | 2010-01-19 23:00
49. かのウワサの地
c0212213_21243977.jpg
その地に立つ


ブログインデックスはこちら


トラム6で向かった先は「アラビアファクトリー」。

フィンランドで有名な陶磁器メーカー「アラビア」。
c0212213_2274723.gif
1873年、つまり140年ほど前から、ここアラビア地区で創業しています。
フィンランド観光では外せないこの建物。
以前から、雑誌やブログで見かけたこの建物の前に自分が立っているのが不思議でした。

フィンランド中心地からトラムで20分ほど(だったっけか)ですが、とても静かな街。

c0212213_215252.jpg

写真の建物の手前にある、ガラス張りの建物がファクトリーショップ。
入り口はこんな感じ。洗練されてる~♪
ファクトリーショップでは、
アラビア以外にも、他のフィンランドブランドの食器やリネンが販売されています。


値札にシールが貼ってあって
・白 ・・・ 定価
・黄 ・・・ B級品
・赤 ・・・ セール品
とランク分けされているようです。
キズ、シミもあるので、入念にチェックされたほうが良いそうです。

商品の品揃えは、普通のお店にあるものと変わりなかったし
量も豊富で目移りします。

もし、たくさん買っても船便もしくは航空便で日本に送れます。(船便で5000円くらい)
ただし、持って帰る場合は、空港の荷物の重量制限(15キロまで)にひっかからない程度に・・。
食器って意外と重いですから。

私は、というとカメラ達も重かったし、何も買わずに出てしまいました・・・。
なにしに来たんだ(笑)

c0212213_2157916.jpg
でもやっぱり欲しくなって、結局、帰りの空港で買ってしまったアラビアの小皿。
フィンランドカラー・・・。

それから、アラビアファクトリーに行くときは
トラム6の「終点のひとつ前」、「Toukoniitty」で降りてくださいね。
私は間違って終点の「Arabia」で降りてしまって大失敗!
ここからファクトリーショップへは歩いて10分かかります。
たった10分だけど、旅行ですでに疲れた足腰にはキツかった・・・・・・・。


★おまけ
ここにもアラビア!(ホテルのトイレです)
c0212213_0263061.jpg
やっぱりTOTOじゃないんだ・・・当たり前だけど新鮮♪
ちなみこの取っ手は、押すのでなく、上へ引っ張ると、トイレの水が流れます。
[PR]
by moisuomi | 2010-01-17 21:52
48. トラムでふらり
c0212213_0283640.jpg
日差しは薄くやわらかい。

ブログインデックスはこちら

ハカニエミマーケットをひとりきり見学したので、次の目的地へ。
実はここ、トラム乗り場がとても近くて便利。

c0212213_0335565.jpg
複数路線が出入りする。
c0212213_0342249.jpg
道を隔てて、ハカニエミマーケットが見えます。

ただ、5路線のトラム(3B/3T, 7A/7B, 1, 6, 9 )が出入りしているので、
どのトラム、どの方面行きに乗るかで、ちょっとまごついてしまう。

私が行きたい所はトラム6で一本。
もちろん一度も行ったことのない地域。
ガイドブックのトラム路線図をよくよく読み、よくよく考えて乗り込む。
なーんだ、簡単じゃーん。。

c0212213_0354116.jpg
途中、車内から町並みをパチリ。

・・・あれ?この町並みには見覚えがある・・・。

そう!トラムの路線は合っていたけど、方向が間違っていた!!
呑気に写真なんて撮っている場合でないので
次の停車駅で降りて、急いで逆方向のトラムに乗り換え。

でも、このイージーミスでちょっと気が楽になりました。

さて、気を取り直して目的地へ!
[PR]
by moisuomi | 2010-01-14 23:09
47. アマズッパイ
c0212213_21301558.jpg
これはカシスかな。


ブログインデックスはこちら


トラムも間違えずに乗れて、無事ホテル付近へ到着。
ちょっと曇ってきたけど、暖かい。

私が泊まったホテルの前には、港とは別のマーケットがあります。

かもめ食堂でサチエとミドリが買い物に出かける、あのマーケット。
名前はハカニエミ(Hakaniemi)。

c0212213_21365695.jpg
港のマーケットよりも、規模は小さいのですが
より地域に密着している感じ。

2つのマーケットでよく見かけたのが、これ。
c0212213_21375014.jpg
ベリー。

北欧のベリーといえば、「わか○生活のブルーベリー」なんかが有名ですけど(笑)
こちらのマーケットでは、この赤いベリーたちをよく見かけました。

c0212213_21391823.jpg
箱までカワイイ♪
ちなみに「Marjoja」はフィンランド語で「ベリー」という意味です。

ベリーといっても
ストロベリー、ビルベリー、ブルーベリー、ラズベリー、カシス、木苺
など色んな種類があって、見ているだけでも楽しい!

いちごは日本のものよりも、少しすっぱいみたいですけどね。

ホテルの朝食で食べたヨーグルトにかけたベリーも美味しかったけど↓
c0212213_2222567.jpg

デザート以外にも、トナカイの肉にベリーソースをかけて食べたり。
色んな楽しみ方があるようです♪

c0212213_21491937.jpg
美味しそうなベリーは見つかったかな^^
[PR]
by moisuomi | 2010-01-13 21:49
46. ヘルシンキ案内
c0212213_21165355.jpg
かいじゅう?

ブログインデックスはこちら


さて、まだお昼だし、時間もあるし、
宿泊してるホテル付近まで一旦帰ろうとした私。(帰巣本能?)

今まで、道案内の友人がいたのに、急に一人になって
襲ってくる緊張感、そしてロンリー感。

トラムの番号と方向を何回も何回も確認して、乗り込むことに。
一人ってキビシイ~。

その道すがら、見つけたショーウィンドウの怪獣くん。
実は、ここヘルシンキのツーリストインフォメーションなんです。
c0212213_21392473.jpg
奥のほうに「Finland Info」の文字が。。

外観はこんな感じです。大通りに面しているので見つけやすい。
c0212213_2122552.jpg
HPより転載
私はすでに友人から山盛りのパンフレットをもらっていたので
入らなかったのですが、色々な情報がここで手に入れられるそうです。


そして、この緑の物体は・・?!

その正体は「ヘルッピ(Helppi)」!
ヘルシンキには夏のシーズン中、ヘルシンキヘルパーズという観光案内の人々がいるんですって。
その新しいアシスタントが彼!(彼女?)
ヘルシンキが大好きなんだってサ^^

c0212213_21301361.jpg
コニチワ!ヘルッピダヨ!

そしてヘルッピの生い立ちは、かなり詳細な設定があるみたい。以下HPより抜粋。

もともとインターネットの世界に住んでいたヘルッピは、
ある嵐の夜、元老院広場の前を走る「3T」のトラムの
パンタグラフから放たれた閃光とともに、
それまでいた二次元の世界から大聖堂の屋根に放り出されました。
激しい衝撃から目を覚ましたヘルッピは、
その眼下に見えるまるでテーマパークのようなヘルシンキの町並みに感動しました。
そしてその感動をみなさんに伝えたいヘルッピは、
できる限りたくさんの情報を集めるために日々ヘルシンキを東奔西走しています。


ヘルシンキに行ったことあるなら、この意外と詳細な設定に
クスリとしてしまうかも^^

c0212213_21445611.jpg

三次元の世界に来たわりに、まだ少し二次元を引きずってるかも!(なんか薄い)
頑張れヘルッピ!

夏のシーズン中は、生のヘルッピに会えるそう^^会ってみたかった~。


*ヘルシンキ観光局ツーリストインフォメーション*
住所:Pohjoisesplanadi 19
営業時間:5月2日~9月30日 月~金 9:00-20:00、土・日 9:00-18:00
10月1日~5月1日 月~金 9:00-18:00、土・日 10:00-16:00
[PR]
by moisuomi | 2010-01-12 21:34
45. ただいまヘルシンキ
c0212213_0161950.jpg
港じかん。


ブログインデックスはこちら


スオメンリンナから約15分でまたヘルシンキに。
まだ12時前なので、今からどこに行こうか考えながら
マーケットを再度散策。

c0212213_019326.jpg


朝のマーケットとは違って、人が多くて、日差しが暖かい。
(曇ったり晴れたりは目まぐるしいけども。。)
朝はまだ見かけなかった、食料品以外のお店もチラホラ。
ここのマーケットは、観光客も多くくるそうで、おみやげもの屋さんもあります。

c0212213_0211058.jpg
ヘルシンキもそろそろ10月・・冬支度にはこの帽子いいかも^^

c0212213_0204884.jpg
お店の方の帽子もよく似合ってる^^お客さんの帽子もお似合い♪

c0212213_0241791.jpg
デザート選び?慎重そう^^

そんな、人それぞれの港じかん。
時間がゆっくり流れていて(地元の方はweekdayだけれども)
なんだかゆったり気分。
[PR]
by moisuomi | 2009-12-23 00:19
44.さよならスオメンリンナ
c0212213_20295570.jpg
待つ人、来る人。



ブログインデックスはこちら


結局、Naval Academy(海軍学校)のある小島でウロウロしてみたんですが、
c0212213_2032574.jpg
人気なし。。。(でもドアの色綺麗♪)

そして秋が深まるヘルシンキなので
c0212213_20324551.jpg
色づく緑も綺麗♪

c0212213_20334442.jpg
島でよく見かけていた黄色い花も綺麗♪
城塞の昔も平和な今も、花はいつも咲いていたんだろうなあ。

船着き場へ戻ったのですが、
まだ少し時間があったので、付近を散策。
c0212213_20385389.jpg
幼稚園かな。
実は朝もこの付近に来ました。
道が分からない私たちは、
園児のお母さんらしき人に、大砲方面への道を教えてもらっていたのです。

c0212213_2040968.jpg
こういう風景は、日本もスオメンリンナも同じ。
昔の要塞も、すっかり日常に溶け込んでしまっているよう。

現在、スオメンリンナは住宅地として人気があるようで900人ほどの方が暮らしているそう。
夏はヘルシンキからピクニックに来る人で賑わうとか。平和だな^^

今回はあまり時間がなくて、十分堪能できなかったけれど
また機会があったら(あるのかな^^;)、ゆっくり見て回ろう!
そして今度は別の船に乗って行こう!
スオメンリンナは小さな島ですが、起伏が激しくて要塞の先端まで行くのは
けっこう疲れます。
要塞の先端まで連れて行ってくれる船のほうがオススメかな。

c0212213_20483771.jpg
幼稚園のそばにあった壁。なんだか人の顔に見えた。
一人になって、たった1時間なのに、もう人恋しい?!?
[PR]
by moisuomi | 2009-12-13 20:34
43. ソライロの島
c0212213_218750.jpg
ソライロヤジルシ


ブログインデックスはこちら


スオメンリンナはいくつかの4つの島の集合体で、
それぞれの島は橋で結ばれています。
船着場からとりあえず例のトンネルと逆方向へ行ってみることに。

c0212213_2144517.jpg
ちょっと探検気分。

c0212213_21124338.jpg
前日夜に少し雨、朝も曇っていたのですが
この時間になると、いいお天気に!
フィンランドのお天気は気まぐれ。でも晴れてくれて嬉しい!

この橋を超えると何があるのかな。。。
c0212213_21142387.jpg
橋を渡りながら進行方向に向かって
右手にぼんやり見えるのは、ヘルシンキの街。
c0212213_21155365.jpg
そして向かって左手に停泊する船。だれもいない、静謐な時間に私の靴音とシャッター音。

おーい、誰かいませんかあ。

c0212213_2128583.jpg
ものの3分ほどで隣の島(Pikku Mustasaariというらしい)の入り口に到着。
なにやら看板が。
「the Naval Academy」ってことは海軍学校があるんですね。へー。

ということは、さっきの船は学校の?
特に立ち入り制限もなかったので、怖いものナシの私はどんどん島の中へ。
でも学校の生徒さんらしき人には会いませんでした。。授業中かしら。

その代わり工事現場のおじさん達に会いました。
普通は観光客は来ないであろう地区なのか、ちょっと珍しそうに見られた(気がした)。
[PR]
by moisuomi | 2009-12-12 21:13